• 生ごみ処理機 生ごみリサイクラー MS-N53
    パナソニック 生ゴミ処理機(屋内外兼用) MS-N53-S(シルバー) 生ごみリサイクラー

    生ゴミを温風乾燥でしっかり除、容量を大幅に減少
    生ゴミに約130℃の温風を当てて、かくはんしながら乾燥。容量を約7分の1(※1)にまで減らし、同時に除します。処理中のを約99%カットするうえ、処理物が入ったままでも、追加で投入OK。さらに乾燥除しているので保管もでき、ゴミ捨ての回数も減らせます。

    スパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」の強化で、脱能力がさらに。
    処理時に発生するを、本体後方にあるスパイラル方式の「プラチナパラジウム触媒」で化学的に・脱。プラチナパラジウム触媒は熱を加えることで、成分を二炭素と水に化学的にするがあります。しかも触媒をスパイラル形状にすることで、成分が脱ユニットの中を通過する時間が長くなり、より高い脱を発揮します。

    有機質肥料が作れる「ソフト乾燥モード」
    生ゴミは人間の食物と基本的成分は同じですあるため、栄養分の種類・量ともに豊富で、バランスよく含まれています。そのため、処理後の生ゴミは、植物を育てる有機質肥料として使用できます。
    しかも約105℃のやや低めの温風で乾燥させる「ソフト乾燥モード」を使えば、熟成期間不要の速効性のある有機質肥料が作れます。肥料が速いソフト乾燥モードで処理したものは、草花の栽培に、肥料が持続する標準モードで処理したものは樹木の栽培用に使い分けるとオススメです。
    ※1 標準試験生ゴミ約400gの場合、標準モード時。約400gの生ゴミは、3人家族1日分の生ゴミに相当します。
    処理方式:温風乾燥式
    設置場所:屋内外設置タイプ
    電源(50/60Hz):AC100V
    定格消費電力:800W
    最大処理量
    [1回あたり]:約2kg(約6L)/回
    [1日あたり]:約8kg(約24L)/日
    運転モード:標準モード、ソフト乾燥モード
    処理時間(標準モード)(※3)
    ・約400g:約1時間40分
    ・約700g:約2時間15分
    ・約1.000g:約3時間
    ・約2.000g:約5時間40分
    処理時間(ソフト乾燥モード)(※3)
    ・約400g:約2時間10分
    ・約700g 約3時間30分
    ・約1.000g:約4時間30分
    ・約2.000g:約8時間30分
    電気代の目安(標準モード)(※4)
    ・約400g:約16円
    ・約700g:約24円
    ・約1.000g:約33円
    ・約2000g:約66円
    電気代の目安(ソフト乾燥モード)(※4)
    ・約400g:約19円
    ・約700g:約30円
    ・約1.000g:約42円
    ・約2.000g:約78円
    運転音
    [連続運転時]:42dB
    [かくはん時]:44dB
    外形寸法:幅268×奥行365×高さ550mm
    (ふたを開けたときの高さ:770mm)
    本体重量:12kg
    運転予約タイマー:2段階(3時間後、6時間後)
    付属品:アース線(2.2m×1本)

    ※3 標準試験生ごみを処理した場合。

    ※4 電力料金目安単価22円/kWh(税込)で計算。。