• 絹100%
    長さ約13m 内巾約36cm(最大裄丈68cm)
    ◆最適な着用時期 10月~翌年5月の袷頃

    ◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

    ◆着用シーン カジュアルパーティー、観劇、お食事、お出掛け、ご旅行、お茶会など

    ◆あわせる帯 カジュアル袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯

    心に訴えかけてくるようなその表情…
    是非とも、その目でお確かめいただきたい。

    言わずと知れた京友禅の老舗・千總より…
    本手加工友禅小紋が入荷いたしました!

    希少な逸品を…
    お値打ちにご紹介させて頂きますので
    お目に留まりましたらどうぞお見逃しなくお願い致します。

    今を遡ること460年あまり。
    西暦1555年(弘治元年)、
    千切屋西村家が京都三条烏丸西入御倉町の地に織物業を始めたことをもって
    千總の創業とされております。

    もともと千總の先祖は藤原氏の出で、奈良興福寺の一乗院に関係が深く、
    春日大社の若宮祭に『千切花』(ちぎりばな)と呼ぶ供花を捧げるのを
    慣例としていました。

    京都に移ったのは、平安遷都に際し
    都城造営の仕事を命ぜられたからだといいます。
    この宮大工のときに『千切屋』の屋号を賜り、
    織物業の創業にあたり千切屋總左衛門の名から『千總』と名付けたのでした。

    その後、江戸の中期にかけて友禅染めが大流行し、
    千總も御所や宮家の御用をはじめとして友禅小袖を手がけ、
    その優秀な技術と感覚が賞賛を得ました。
    昭和33年には皇太子様御成婚のための美智子様調度品の御用命を受ける等、
    現在に至るまで 「千總の友禅」は多くの人々に憧れの存在となっております。

    その中から今回ご紹介のお品は、感性に訴えかけるような一枚。
    しっとりと水分を含んだように、滑らかでシボ高な絹地。
    その地を少しくすみのあるような深紫色に染め上げて、
    お柄には細やかに狢菊の意匠が表されました。

    是非ともお手にとってお確かめいただきたい逸品です。
    他では見ることのない、唯一無二の着姿を演出してくれることでしょう。

    末永くご愛顧していただける方に、
    大切にお届けできればと幸いでございます。

    どうぞお見逃しなく、代々受け継いでゆける一枚を…
    お手元にて存分にご堪能くださいませ。

    もちろん送料は無料。
    商品到着後10日以内であればキャンセルも可能でございます!
    気になった方は今すぐ買い物カゴへ入れるボタンをクリック!
    お仕立て料金
    湯のし1,296円+※胴裏6,480円~+八掛11,880円+海外手縫い仕立て24,840円(全て税込)
    ※国内手縫い仕立て+12,960円(税込)



    ※胴裏の価格について
    ※身丈について
    商品加工をご要望の場合
    (湯のし)


    ※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。

    ※着姿の画像はイメージ写真です。柄の出方が少々異なる場合がございます。
    [AHK146119]-[TP:枦]-[PS:枦]-[CH:田中郷]-[文責:永田]-[0406019]
    ▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。