• 絹:100% 長さ:約3.69m
    ■お太鼓柄
    ◆最適な着用時期 袷・単衣 <盛夏以外(6月末~9月上旬以外)>

    ◆店長おすすめ着用年齢 ご着用年齢は問いません

    ◆着用シーン お稽古、芸術鑑賞、観劇、おでかけ、お食事、ご旅行、
    軽いお茶席、趣味のお集まりなど

    ◆あわせる着物 モダンなデザインの付下、色無地、小紋、織のお着物など

    ■中古品として仕入れてまいりましたが、大切に保存されていたのでしょう、
    美品でございます!お手元で現品を確認の上、お値打ちに御召くださいませ!

    ★日本工芸会正会員【 小倉淳史 】作の特選縮緬九寸帯!

    ご存知、辻ケ花の小倉一門。
    業者間でも勿論のこと高額で取引されている作家のお品。
    創作数が少なく、ご紹介も限られて参ります。

    その…小倉淳史氏の真骨頂、
    小倉辻ヶ花の代名詞とも言える、
    カチンの彩りがシックな名古屋帯。

    シボの陰影豊かな縮緬地。
    おだやかな濃鳩羽鼠に染め上げられた縮緬地に
    絞りとカチン染の併用にて、菊花に露芝をモチーフにした
    辻ヶ花文様がすっきりと表現されております。

    地色にあわせた絶妙なトーンの差し色、
    カチンとのバランスを考えた配色。

    本当になかなかご紹介がないお品。
    お手元でご愛用いただけましたら幸いでございます!

    【 小倉淳史 略歴 】

    1946年 京都に生まれる。
    1973年 第10回伝統工芸染織展に初入選その後入選、入賞多。
    1984年 NHKの依頼で、国友家の家康小袖を復元。
    1988年 NHKの依頼で、徳川美術館の家康小袖二領を復元。
    1999年 京都国立博物館の依頼で辻ケ花小袖を再現。
    これまでに、東京・大阪・京都・パリで作品展を開催。
    今年秋にはドイツにて作品展を予定。
    現在、日本工芸会正会員。
    撥水加工をご要望の場合
    (パールトーン加工 九寸帯)
    (ガード加工 九寸帯)

    ※お仕立てあがった状態で保管されておりますので、たたみシワなどがあることがございます。この点をご了解くださいませ。
    [6G218059]-[TP:安田]-[PS:桂]-[CH:瀧本]-[文責:牧野]-[0412019]
    ▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。